栃木県足利市の保健医療・福祉施設あしかがの森は、『あしかがの森足利病院』と『あしかがの森足利福祉センター』を運営しています。

 

運営方針

 

運営方針

運営方針
 
  院 長 椎原 弘章
 当院は、平成13年に国からの経営移譲を受け、社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会が運営している、医療と福祉を兼ね備えた施設です。
入院では重症心身障害児・者の医療・療育・生活支援を主体として、神経難病、一般の内科・小児科、小児慢性疾患の患者さまの診療を、外来では障害を持った方々を中心に地域の皆さまの診療や健康管理を行っています。また、在宅の重症心身障害、神経難病の方々を対象に短期入所事業や日中一時支援事業を行うなど、ご本人やご家族の生活が少しでも有意義なものになるよう様々な支援を行っています。
「最も弱いものをひとりももれなく守る」という全国重症心身障害児(者)を守る会の原則に則り、患者さまを中心としてご家族や関連する行政機関・教育機関、地域の方々との密接な連携のもと、「人に優しい施設」を目指し、全職員が一体となって医療・福祉の向上に取り組んで参ります。
 

守る会の三原則

守る会の三原則
 
守る会の三原則
1.決して争ってはいけない 争いの中に弱いものの生きる場はない

1.親個人がいかなる主義主張があっても重症児運動に参加するものは党派
  を超えること

1.最も弱いものをひとりももれなく守る
<<保健医療・福祉施設 あしかがの森足利病院>> 〒326-0011 栃木県足利市大沼田町615番地 TEL:0284-91-0611 FAX:0284-91-2867