本文へ移動

薬剤科

薬剤科紹介

 薬剤科では薬剤師3名、薬剤助手1名の計4人で業務を行っています。外来処方は基本的には院外処方になっております。院外処方箋発行率は87%です。
 主な業務としては入所利用者様のお薬を調剤することが業務の中心となっております。散薬の処方が大部分を占め、錠剤を粉砕することも多く、散剤分包機が一日中稼働しております。
 その他、注射剤の払出業務や医薬品の供給管理、薬剤科ニュースの発行、製剤業務、ICTや褥瘡のラウンドなどの業務も行っています。
 当院では正確な調剤を心掛け、安心・安全にお薬を提供できるように日々努めてまいります。
 今後は患者様への薬剤指導業務等の拡充を図っていいく予定です。

業務内容

調剤業務

入院・外来での院内処方箋によるお薬の内容、用法、用量、飲み合わせなどを確認し調剤しています。また院外処方箋の処方監査も行っています。

注射払出業務

処方箋の内容、用量、配合変化などを確認し払出を行っています。

医薬品供給管理

薬剤科、病棟の救急カートにある薬剤の管理を行っています。

医薬品の適正安全使用の推進

当院で使用されるお薬の効果や副作用の情報を発信しています。また、医薬品の安全使用nための手順書の履行確認や手順書の改訂を行っています。

医薬品の採用・削除

三ヶ月に一度、薬剤委員会を開催し、当院での医薬品の採用、削除の決定を行っています。

各種委員会

〇出席している委員会
薬剤委員会、院内感染予防対策委員会、管理診療会議、褥瘡対策委員会、医療安全委員会、診療報酬・病歴等検討委員会、職員教育研修委員会、院内研究報告会、防火管理委員会、施設内広報誌編集委員会、医療ガス安全委員会、建築委員会、機器整備委員会

設備機器

散剤分包機

散薬とは、いわゆる粉薬のことです。錠剤は形状が一定で数えることができますが、散薬は分量を量ることしかできません。そのような散薬を均等に分割し、包装する機械が散薬分包機です。
主に入所利用者様の定時薬の散薬を分包しています。

主に入所利用者様の臨時薬や外来患者様の散薬を分包しています。

錠剤分包機

錠剤分包機とは、指示された錠剤を自動的に包装する機械です。
必要に応じて、処方された錠剤を一包化しています。

あしかがの森足利病院
栃木県足利市大沼田町615番地
TEL.0284-91-0611(代表)

       0284-91-0753(外来直通)
FAX.0284-91-2867


診療科目
小児科・神経小児科・内科・外科・整形外科・皮膚科・リハビリテーション科


TOPへ戻る